水漏れ修理の前のチェックポイント

水漏れ修理の前のチェックポイント 私たちの生活にとって、水は本当に欠かせないものです。台風や集中豪雨、震災などの自然災害で断水すると途端に生活が不自由なものになってしまいます。水道から水が飲めなくなるのはもちろんのこと、トイレが使えなくなる、お風呂に入れないなど多岐にわたってトラブルが発生します。ここまでひどくなくても、水漏れが起きた場合も不都合な事が多く発生します。水漏れトラブルは決して珍しい現象ではないので、起きた場合どう対処するかについて、あらかじめ覚えておいて損はありません。


■自分で修理できる場合もある

水漏れが起きると、とにかく専門の業者にお願いしないといけないと思っている人もいるでしょう。しかしどのような事例でも必ずプロに依頼しなければならないというわけではありません。例えば少量の水漏れであれば、自分で修理できる可能性があります。たとえば、ちょろちょろ水が出てくる、蛇口のところでポタポタ漏れが起きている場合などが挙げられます。
原因としては、パッキンのゴムが劣化している、ボルトが緩んでいることで漏れ出ているという可能性が高いので、パッキンを新しいものに交換する、ボルトを締めなおすことで問題が解決できるかもしれません。パッキンはホームセンターなどで手に入ります。またホームセンターでは、防水パテや防水補修テープなどが販売されています。このようなものを使用することで、一時的な補修をすることも可能です。自分で作業できれば、その場ですぐに解決できる可能性もあるので、自分でできそうなことはないか考えてみましょう。

■自分では修理できそうにないときは
上で紹介したようにセルフ修理してみたけれどもどうにも止められない、あまりに漏れ方が大量なのでどうにもできない、という場合もあります。このようなひどいトラブルの場合、素人が修理しようとすると逆効果になる可能性も出てきます。自分では対処しきれないときには業者に依頼するといいでしょう。
しかし連絡をする前に、まず止水栓を止めることが大切です。器具の近くの栓を止めてしまえば、水の流れを遮断でき、水漏れを食い止めることが可能です。どこから漏れているのかよくわからない場合には、元栓を止めてしまう方法もあります。そうすれば、部屋全体の水道の流れをシャットアウトすることができます。マンションのような集合住宅に住んでいるのであれば、玄関を出たところにパイプスペースがあり、この中に止水栓がついているので、これを止めれば、部屋の中の水の流れを止められます。こうしてこれ以上部屋の中が水浸しにならないようにして、業者を呼ぶのがおすすめです。

■業者に連絡する前の注意点

止水をしたら、水道業者に速やかに連絡して修理の依頼をしましょう。もしかなり水漏れが起きて部屋が濡れてしまっているのであれば、365日24時間対応してくれるところにコンタクトをとるのがおすすめです。ただし多少余裕があるのなら、どの程度の費用がかかるのか、見積依頼したほうがいいでしょう。ほとんどの業者で見積もりは無料で行ってくれます。だいたいどのくらいお金がかかるのかあらかじめ分かっていれば、安心して依頼することができます。

■まとめ
上で見たようにトラブルの事例によっては、素人でも何とか対処できるような症状もあります。しかし無理に何でも自分で何とかしようと思わずに、これは無理だと思ったのであれば、速やかに修理業者に連絡することです。実績があって、信頼のおける工事業者はどこか、ネットなどで日頃から情報収集しておくのが理想です。そうすれば、いざことが起きた時に、すぐに業者に問い合わせができます。水漏れは決して珍しいことではないので、心の準備をしておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース